海外に留学をして、海外の友人を作り、いろいろな体験をすることで、英会話を習う何倍も英語が上達します。

留学をして英語力をつける

留学をして英語力をつける

留学をして英語力をつける
海外旅行に行く日本人は多いです。しかし、海外に行ってもしゃべることができないので、通訳をつけたり、日本語がある程度通じる国を選ぶ人も多いです。日本語が通じれば、海外にいても言葉で困ることはあまりありません。しかし、海外に行ったりしたときに、英語が喋れたらいいなと思ったことがある人はとても多いです。学校で習う英語だけでは、ほとんど英語を喋ることができないので、英会話教室に通ったりする人もいますが、一番いいのは海外に留学をすることです。お金もかかり、学校を休学したり、仕事を休職したりしなければいけませんが、他の人には出来ない、とても素晴らしい体験ができます。

海外に行くと、自分で英語を使って喋らないといけないです。はじめは、身振り手振りで、辞書を見ながら頑張ります。そして、海外で友人ができ、毎日いろんな話をしていると、自然と英語を喋ることができるようになります。授業で習うよりも何倍も友達と喋ることで英語の力がついてきます。英語がしゃべれるようになると、自分に自信がつき、一人で海外の土地を観光してみたりするようになります。日本とは違う海外の文化はとても刺激的です。日本に帰った後も、海外の人と関わることが楽しくなります。

Copyright (C)2015留学をして英語力をつける.All rights reserved.